設計の本質とは?

建築事務所をしていると、設計業務が日常化して、クライアントの言いなりになってしまうことがある。

そうなると時間が無いなどと言い訳をする自分がいたりする。

そんな時は、心を鬼にして、そのクライアントを後にしないといけない。

そのままでいると、自分が腐ってきてしまう。

 

建築家を目指すならば、やはりクライアントとさよならをしてでも、デザインを探求する道を歩まないといけない。

 

それならば、いいデザインとはなのか?

逆に悪いデザインなのか?を知らないといけない。

それが分かる簡単な方法がるとしたら、身につけておかないといけない。

つまりは自分で納得できる「デザインの定義」をしておかなければいけない。

 

過去の優れた芸術などには、何が詰まっていたのか?

 

絵画であれば、ジョット、フラ・アンジェリコ、ボッテチェルリ、レオナルド・ダ・ビンチ、ミケランジェロ、ラファエルロ、フェルメール、シャルダン、ゴッホ、ピカソなど錚々たる面々の人がいる。

 

これらの人は、なぜ有名になったのか?

 

これらの人たちが歩んだ美術史には、ゴシック、ルネサンス、バロック、ロココ、新古典主義、写実主義、印象主義、表現主義、フォーヴズム、キュビズム、抽象芸術などの変遷がある。

 

これは何を意味しているかと言うと、今までの既成概念を破壊して、新しい定義をしたということ。

 

それらは今までの考え方、既成概念に対して、つまらなさ、飽き足らなさや、不満などを発見したからこそ、革新を生むことが出来たのではないか?

 

簡単に、ちょっと暴力的に言ってしまえば、「反抗的な人ほど成功した」歴史なのではないか?

 

反抗的な資質は、「成功要因」になっていたと思う。

普通、社会的に反抗的な人は、社会通念上受け入れがたい。

つまり社会に順応できない。

しかしこの相反する2つをうまく処理した人だけが成功できる。

 

これはどんなビジネスにも当てはまる。

建築界でも同じ。

 

今、AIを建築界に導入しようという動きがある。

しかし多くの人たちは、今までの設計の一部を自動化し、助けをするものとしてしかとらえていない。

これでは大きな成功はない。

今までのCAD会社の開発したソフトの延長線上でしかない。

 

 

現状の問題を列挙し、それをきれいさっぱり解決するという目的で考えると、

 

今の設計と施工の問題は、

 

  • 建築事務所(建築家)がどんな設計をするかわからないので、建築事務所を検討しないといけない。
  • とにかく設計に時間と労力がかかりすぎる。
  • 設計と施工に関して、それぞれスキルの習得までに時間がかかる。
  • 設計・施工、共にコストがかかりすぎる。
  • クライアントが竣工間際になるまで、理解できないことがある。
  • 設計するまで建物が生む厳密な収益性が分からない。
  • とにかくブラックボックス化している。
  • 一般人には、すぐに理解できない。
  • 一般人には、活用できない。

 

 

AIを活用すれば、

建築を知らない人でも、土地の位置・大きさとその周辺データがあれば、法規にのっとった、ベストな建築種が分かり、簡単に設計・3Dパースまで出来て、コストと施工期間が分かるというような、「プラットフォーム」を作ることは可能だと思う。

 

このような業界構造自体を変革するような、「プラットフォーム」ならば、世界展開できるかもしれない。

 

法規的なチェックをどうするかの問題は残るが、世界の人が活用したいと考えてもおかしくはない。

 

木造軸組みをメインに考えるのであれば、東南アジア全域をターゲットにした、プラットフォームも出来る。

2“×4“ならば、アメリカ、南米全域のプラットフォームに出来る。

 

また今、イギリス、アメリカなどではすでに住宅を3Dプリンターで造る人が増えている。

やはり3Dプリンターに合った建材にしないといけない。

https://www.youtube.com/watch?v=iwN66yqTttk

https://www.youtube.com/watch?v=8lgrcQrDymk

小さな住宅であれば、コストは40万円で、24時間以内で建てられている。

3Dプリンター住宅は、Youtubeにいろいろとアップされているので、そんな遠い未来の話ではなく、4,5年で本格化していきそうだ。

頭の固い国交省では、当分、耐火建築、防火建築、構造計算などでクリアさせなくするかもしれない。

これには当然既存の建設会社が圧力をかけてくることも予想される。

とにかく、これら「プラットフォーム」の作成と、「建築材料の変化」と、「3Dプリンター」の改良によって、建築業界構造を大きく変える時が迫っているように思う。

 

 

市場の成熟度

市場において顧客を引き付けるためには、その市場の成熟度に応じて、商品またはサービスの方法を変えながらマーケティングしなければいけないそうです。

 

私たちが係わる、設計市場においてはどうでしょうか?

 

例えば介護施設などは、特にグループホームが初めて出てきた20年前には、ただ「管理しやすい施設設計をします」と言うだけでよかったと思います。

 

それから数年後には、「シュミレーションによって年間これだけの利益が出ます!」と言う様に、大胆な約束に移ってゆきます。

 

さらに進むと、マーケティングによって仕事をとり続けるには、いわゆる「ユニークなメカニズム」を自分の主張と約束に入れなくてはいけませんでした。

これは建築設計事務所が増え、競合に対して勝ち抜くための戦略になっていたと考えられます。

例えばデイサービスと認知症グループホームを組み合わせた複合施設設計が得意です!と言う様に。

またほかの例では、お風呂場の浴槽をヒノキ風呂で設計することが得意です。

と言うユニークな設計者も出てきました。

 

そして成熟の最終段階では、マーケティングは、より大きくより大胆な主張と、「ユニークなメカニズム」に重点を置くやり方から、より見込み客中心のやり方へと変化しなくてはいけません。

どういうことかというと、成熟の最終段階に到達した今、見込み客の共感を呼び、効果を出したいのであれば、見込み客の経験に焦点を置き、見込み客の体験と一体となったマーケティングを実施しなくてはいけないということです。

 

私たちのクライアント対象は、初めは施設の事業者でしたが、最後には、施設利用者に移ってゆくのです。

そうなると、事業者目線で設計を考えていたものが、今度は利用者目線になってくるのです。

そうなってゆくと何が大きく変わってくるのでしょうか?

 

利用者が入居されなければ、いくら施設を作ったところで、成り立ちません。

しかし契約するクライアントは、事業者です。

 

ほとんどの設計者は、自分のデザインしか考えていませんので、これらの成熟度に関係なく、すべて同じものが設計されてゆきます。

またクライアントもその違いは判りません。

この違いがわかるクライアントだけが生き残ってゆくのでしょう。

 

 

まずは、「自分のターゲット市場の成熟度」を理解し、その後、そのレベル特有の要求に対処したマーケティングを実施することが大事なのです。

ただ現在の日本においては、最終消費者が満足するものでないと、繁栄できません。

これが分かる設計者は、ほんの一握りだと思います。

 

時には事業者に対し、「そんな計画では高齢者が入居しませんよ!」とはっきり言える設計者にならないといけませんね。

工事は遅らせない!

1つのプロジェクトが成功するのは、費用と工期がうまくいった時ではないでしょうか?

 

あまり話したくはないのだけれど、今回は工期(竣工日)を遅らせない方法について話してみたい。

何故話したくないのかと言うと、結局のところ、工期(竣工日)が遅れた場合、監理者の責任でもあるからです。

 

発注者が、店舗型の経営をしている場合、計画通りにお店を増やすことによって、売上も予想できた。

これは、しっかりした出店計画が、会社の生命線と言うことでした。

今はコロナの影響で、お店を増やす方向にはいかなくなってきているかもしれない。

しかし今回の話は、ただ単純に、工事をして、竣工引き渡しに間にあわせる方法です。

 

多くの飲食店経営者は、工事の遅れ、オープン日の遅れをいつも心配している

工事の遅れは、私の事務所に来る相談の中でも、多いです。

 

オープン日が決まっていて、そのチラシをすでにまいてしまっているのに、引き渡しを受けることが出来ずに、工事途中でいきなり私に「助けてほしい!」などと電話で言ってくる。

このケースは、最後に裁判に発展してしまいましたよ。

 

この様なケースになってしまう原因は、いくつもあるでしょう。

 

例えば

もともと、計画が甘く、工期が少なすぎることもあるでしょう。

計画がしっかりしていなくて、途中設計変更がたくさん出て間に合わなくなるケースもあるでしょう。

そもそも工務店のレベルが低すぎて、工事が遅れることもあるでしょう。

 

監理者から言わせてもらえば、間違いなく、竣工引き渡しを期日通りにする方法は、契約書(その仕方も含めて)を変えることです。

 

契約書そのものの文言によって、ほとんどのケースで遅れを防ぐことが出来ます。

 

多くのクライアントは、「工事業者」が作ってきた契約書に印を押します。

 

その契約書の約款は、旧四会(日本建築士会連合会、日本建築士事務所協会連合会、日本建築家協会、日本建築業組合)のものです。

 

これは工事業者色が強く、例えば、

紛争が生じた場合は、建設工事紛争審査会による解決を図ることもできるとされています。

しかしこの機関は、建設業者に行政上の指導監督を行うことや、技術的な鑑定を行う機関ではありません。

瑕疵についての判断はしないのです。

専らあっせんと「調停」によってその解決を図るものです。

また、建設業者の方が建設工事紛争審査会へ事件を申請して申請人となった場合、あるいは被申請人となった場合でも、建設業の許可や公共工事の入札等で何ら不利益を被ることもありません。

 

紛争まで発展するのは、やはり技術的な問題が出た場合ではないかと思うのです。

なのでここへ話を持って行って、仲裁判断がなされた場合には、一定の例外を除き、確定判決と同一の効力を有し(仲裁法45条1項,2項)、当事者は仲裁判断に拘束され、これに対し、不服申立てをすることも許されなくなります

このように「仲裁合意」をすれば、その範囲において、当該合意をした当事者は、裁判を受ける機会を失うことになります。

裁判へ持ち込めなくなってしまうと、クライアントには大変不利になってしまいます。

さらにそもそも、この審査会は、建設会社の建設業許可の都道府県でおこなうものなので、例えば建設会社の所在地が東京であれば、東京まで通わなければならないのです。

多くのクライアントは、紛争まで至らないことが多いので、この約款の効力など知らないのです。

 

履行遅滞、違約金ですが、この項目は昔の四会の約款にはなかったものです。

 

契約期間内に契約の目的物を引き渡すことができない時は、

遅滞日数1日につき、請負代金額から工事の出来形部分と検査済の工事材料・建築設備の機器に対する請負代金相当額を控除した額の4/10,000に相当する額の違約金を請求することができる。

 

つまり簡単に言うと、残工事金額を出し、その金額に対して、1日当たり4/10,000払わないといけませんよということです。

これはかなり生ぬるいです。

 

飲食店舗などは引き渡しを受けなければ、営業できないわけで、部分引き渡しでは利益が出ないわけです。

残工事の金額を出しても解決しないわけです。

 

約30年前に、私が設計監理者として入った約款には、

1日遅れると、工事金額全額に対して、1/1,000(一桁違う!しかも請負金額に対してのもの!)の支払い義務が明記してあり、さらに怖い事には、丙(監理者)もその責任対象となると記述されていました。

これには厳しい!と感じたものです。

レベルの低い工務店と組んでは、私の設計料も日々目減りしてゆく!と感じたものです。

 

工務店側もこれを見て同様に、引き渡し期日(オープン日)の厳しさを感じたのです。

 

この様に厳しい約款ではあるものの、設計図、仕様書の添付もあり、それらで契約を交わしているので、設計監理者としては、自分が設計して把握・コントロール出来ているものであり、責任所在もはっきりしていて、納得できるものでした。

 

クライアント側は、ぜひ会社計画に沿った、「オリジナル約款」を作ってみてください。

これを作ることによって、あなたの会社が、社会に対して何に最も価値を置いているかを明確にできます。

もちろん社員も同時に理解しますよ。

そして発展する会社への第1歩ともなるのです。

士業の光の部分と闇の部分

一般の人には、設計士をしていると言うと、非常にクリエイティブな仕事をしているように思われています。

しかし小規模事務所が、本当に安定的に売上を上げてゆくには、特定の企業に対して継続的な仕事をしていかなければいけません。

そこではなかなか時間と予算が取れず、商品開発が無い世界なので、もっと自分としての存在意義を出したくなるのです。

 

独立する人は何を手に入れたくてするのか?、、、、それはズバリ「自由」です。

経済的自由や時間的自由。

そして上司がいないので、何事も自分で決められる自由など。

自分は独立をしたのに・・・会社員時代とさほ変わらないし、時間的余裕がなくなり、単価は削られ、ひどくなる一方だ!と感じるかもしれません。

この感覚は何年も事務所経営をやった人でないとわからないかもしれませんね。

 

また同じような仕事をしていると、自分の心が腐ってきてしまいます。

チャレンジ精神を失ってきてしまうのです。

もうこれぐらいでいいやと言った感覚。

これが闇の部分として出てきます。

建築士以外の士業、例えば行政書士などの書類作成業であればなおさらでしょう。

そうゆう方は出来るだけ、書類作成の契約ではなく、時間での契約に切り替えてみてください。

仕事が、特に価格競争に陥っていてはいつまでたっても面白くはありません。

建築士として、自分の心が腐ってゆくように感じたら、士業としての役目を終え、新しいコンセプト経営に変える時かもしれません。

 

この様に感じたら、会社を法人にして、ワンストップの大規模法人を目指したり、自分では無理だと思えるようなコンペに挑戦するのも一つの手だとは思います。

しかしコンペは当選できれば良いですが、何度も挑戦し続けることも出来ません。

 

建築士の資格と今まで行ってきた周辺の仕事や、別資格やキャリアを掛け合わせて、新たなブランドを作るのも手だと思います。

 

例えば

建築士×心理カウンセラー→オフィスや住まいの癒し空間デザイナー

建築士×イベント検定→イベント会場設営プランナー

 

この様に、あなたの事務所しかしていないと言ったものを作り、勝負していってはどうでしょうか?

 

 

1級建築士の資格試験

の頃の建築士の資格は随分と難しくなってしまったように感じます。

やはり姉歯問題によって、特に法規と構造が難しくなっているように感じます。

 

そして合格者が、毎年3500人ぐらいになっているのが残念でなりません。

私は、社会的に建築士が必要とされる数はもっと多いのではないかと思っています。

 

この数は、受験者のレベルも落ちているのでないかと言う気もしています。

一生懸命頑張っている受験者には、少し厳しい言葉かもしれません。

建築士は、昔と比べ、人気がない資格になりつつあるのではないか?とも感じていますのでお許しください。

 

建築士は、とてもやりがいはありますが、長時間労働を強いられ且つ責任が重い。

今や設計・監理だけをしていたら、仕事をとることが難しくなってしまう職業でもあります。

それゆえ理工学系で優秀な人は、ITや他分野へ行ってしまっているのかもしれません。

 

どうすれば昔のような人気の資格になれるのでしょうか?

 

その答えは、やはり社会が建築士を必要としないと、ダメだと思います。

 

今現在、APECアーキテクト資格があります。

これは、日本とオーストラリア、日本とニュージーランドとで相互承認の取決めを締結しているものです。

それぞれの国の固有事項に関する面接審査に合格すれば、一般に課される試験や審査を受けることなく現地のアーキテクトに登録され、資格を取得できるものです。

取得できれば、現地で単独で建築設計等の業務を行えるようになります。

このような国際間での取り決めを進めて、世界中どこでも活躍できる資格を創設できれば、復活できるようになるのではないかとひそかに考えています。

1級建築士の国際資格の創設です。

ぜひ日本が中心になって、国際資格の枠国を作っていってくれることを期待しています。

 

私は平成元年に資格を取りましたので、31年間、建築士として生きてきました。

その中で何が一番良かったかわかりますか?

建築士を持っていると、普段なら会う事すらできない人でも、相手は聞く耳を持ってもらえるということです。

有名な経営者であれ、大規模企業の社長さんであれ、専門家として話が出来ることです。

 

全く知らなかった人が話を聞いてもらえるということがどれだけ人生を変える事かわかりますか?

後々の人間関係だけでなく、収入も知識も価値観も変え、人生を豊かにしてくれるのです。

 

皆さんが今後生きてゆくときに、どんな人と巡り合うことが出来るかが、あなたの人生を左右する大きなファクターです。

人生は出会いで決まります

 

そのためにも、ぜひ建築士になってください。

資格業特有の陥りやすい間違え

そもそもなぜあなたは資格を取るのでしょうか?

そう聞かれれば、ほとんどの人が、独立したいからとか、独立に有利だからと答えるでしょう。

もちろんスキルアップや、社内での手当てが増えるからと言う方もいると思います。

 

資格業での起業では、その仕事を独占できる有利さがあります。

 

資格がないとできないことがあるので、資格がない人より有利では?と考えます。

実はこれが大きな間違いの始まりなのです。

 

資格で起業するということは仕事の幅を極めて狭くしてしまうのです。

資格で起業を始めると、その資格に関する仕事以外は一切しなくなる(事が多い)のです。

資格業特有の特質で、これを「職域の問題」と呼んでいます。

 

建築士は、どんな建築種でも設計出来ます。

例えば病院、工場、店舗、マンション等々。

これらの建物の中でお医者さんとして医療サービスをしたり、メーカーとして商品を製造したり、商品を販売したり、不動産を所有してビジネスをする人たちがいるのです。

つまりクライアントやその建物を実際に使う人たちです。

 

つまりこれらの方に考えられるビジネスとしては、コンサルティング、セミナー、起業家向けの教材販売、パートナーのマッチングビジネス、ロゴ作成など、あげたらきりがありません。

これらの仕事で画一的ではないので、自分から探さないといけません。

しかし探せば探すほど出てきます。

 

ところが建築士になった途端、設計・監理しかしなくなり、仕事の幅を狭めてしまっているのです。

 

これを無くすためにはどうしたらよいでしょうか?

これは初めに大義名分を決めておくことが有効です。

ミッションなどと言うものでなくても構いません。

 

例えば、

「医療界を充実させ、さらに入院患者の環境を良くしたい」

「このメーカーの製品が好きなので、世界規模にし、この商品を教えたい」

「福祉の世界をもっと身近にしたい」

この様に何でも構わないのですが、このような大義名分を作っておくと、他の建築士との差別化が出来、分かりやすいのです。

そしてその周辺業務を行ってゆくのです。

 

こうして見つけた、周辺ビジネスでは、どんな基準で採用していけばよいかを次回お話ししたいと思います。

建築事務所の時代的な役割を考える

私が今まで勤めた事務所は、魚津社寺工務店(事務所)と三共建築事務所の2つです。

そして現在、魚津社寺工務店は、規模を徐々に大きくしながら存続中で、

片や三共建築設計事務所は規模を縮小してしまって、所長1人で継続しています。

この事実は何を意味するのか、私なりにお応えする前に、それぞれの事務所の社会的な役割をお話ししたい。

 

魚津社寺工務店は、神社仏閣、お城などの設計とその施工をしています。

官民・下請け取り混ぜて受注しています。

三共建築設計事務所は、私がいる頃は、約10人の中規模事務所で、フジパン工場、電波学園グループ、マクドナルド、ウオッチマン、マンション、住宅など多くのクライアントを持っていました。

100%民間企業からの受注です。

大手事務所の下請け受注はありませんでした。

その当時の五十嵐所長は、官には頼らないと言う、100%民間からの受注を自慢していました。

 

建築事務所が存続するためには、社会の要請が無ければ成り立ちません。

社会的要請とは、つまり建築物の設計監理です。

そして社会的な要請が終われば、一応その事務所の存続意義は無くなるということです。

かつてはいろんな場所で、一斉に工場や、飲食店、店舗、マンション、住宅などが建っていたということです。

それに応えるべく、建築士が頑張っていたということでしょう。

 

空間を創り、そこへ人を集め、何か商品やサービスを行う事で、人が喜び、満足を得ていたのだろうと思われます。

需要と供給で言えば、箱の供給が追い付かない時代があったということです。

しかしそれらの商品やサービスがほぼ行き渡り、新しい喜びや満足が生み出せていない世の中にシフトしてきているように思います。

人が求めているものが、物質的なものから、精神的なモノ、心の平安などに大きくシフトしているように思うのです。

 

建築物そのものは、空間を作り、限りなく物質的なのだけれども、一方では、芸術的であったり、象徴的であったり、権威的であったりもします。

和辻哲郎の[風土]を持ち出すまでもないのですが、砂漠の民が、さまよいながら見るキューブリックな箱に、人間的な心の安心を与えることが出来ます。

魚津社寺工務店が繁栄を続けられる理由には、この心に根差した何かが含まれているのかもしれません。

時代が効率的、生産的、物質的なものを求めていた時代から、心の平安、精神性を求めている時代に入ったのかもしれません。

神社、お寺は、心の平安を求めるところそのものでもあります。

 

最近やっと耐震診断の波が終わろうとしています。

これも地震などの心配を無くしたいという、心の叫びから広がったのではないかと思うのです。

30年前に耐震診断は世に出てきたのです。

 

あなたも建築事務所の主宰者として、社会に必要とされる役割を感じながら繁栄をし続けて行ってください

NASAがUFO写真を公開

最近、NASAがUFOの写真を公開した。

高度な知性を持つ宇宙人がいることを積極的に公開したのだ。

 

聞くところによると、宇宙人は、一生UFO(母船)の中で生活をするそうだ。

つまり建築士の未来は、UFOを設計しないと仕事がなくなる

超ハイテクな仕事になる。

 

UFOを設計しなくとも、建築士と言う職業は、技術職そのもの。

なので、建築設計が好きでたまらないという人が多い。

とにかく技術や、デザインが好きと言う人が多い。

またそうゆう人でないとやっていけない。

それゆえ、その特殊能力をベースにして起業する。

しかし社会情勢や、仕事の総量が減ると、起業をあきらめて、会社勤めになる人も多い。

また細々と生活のための仕事を続けるかのどちらかになる。

 

多くの人が、そこから大きな勘違いが生まれている。

この持っている技術が確かであれば、当然、仕事がやってくると勘違いしてしまう。

 

技術の能力と、ビジネスの能力は全く別物

 

会社員の場合でも、社内で自分にしかできない仕事があればあるほど、その人の価値は高まる。

余人をもって代えがたいという評判こそが、その人の給与や地位につながる。

 

ところがビジネスを構築するという点で言うと、自分が大きな障壁となってしまう。

つまり自営業、さらに言えばボトルネックということになる。

 

この技術者としての生き方だけで、進んでゆくと最悪の結末になることが多い。

つまり顧客の要求レベルがどんどん高くなっていくのだ。

この前はこれぐらいだったから、次はもっと良いものを、またさらにもっと安くお願いね、と言う様に。

結果は、どうなるか?

それは自分にしかできない仕事になり、そこから抜け出せなくなる

ほとんど巷にある建築事務所は、個人事業主の延長線上にとどまってしまう。

それゆえ1代限りの事務所がとても多い。

これからさらに何十年か過ぎて振り返ってみた時、次の様に、しみじみ思うのかもしれない。

 

自分の事務所を立ち上げることが出来て、それで生活できた、しかし今は自ら事務所を立ち上げる人などいない。

いい時代だった、幸せな時代だったと振り返るのかもしれない。

しかーし、私は過去を振り返らない。

すぐにでも、UFOの原理を知り、造りたいと思っている。

UFOプロジェクトを一緒に始めませんか?