社長の仕事

究極を言えば、社長の仕事はマーケティングセールスになる。

長年事務所経営をしていると、本当にこれだけと思える。

 

マーケティングがうまくいけば、ほとんどの会社運営の障害は無くなる。

つまりこれ以外は、人に任せてゆける。

あなたが世間と比べて得意といえるものや、どうしてもやりたいという仕事だけを残して、あとは権限委譲する。

 

つまり社長は、お客を集める達人になる必要がある。

そのためには1つの商品、1つのサービスにフォーカスしているのではなく、顧客がほしい物にフォーカスする必要が出てくる。

すると、商品は、あなたの得意分野の範囲を超えることもある。

あなたが商品を作るスピードは、お客がほしがるスピードに決して追い付けない。

残念だが、追いつけないことを認めないといけない。

追いつけないと、お客の要望がきついと感じながら仕事をすることになる。

そのような関係は長くは続かない。

 

しかし世の中にはビジネスチャンスがいっぱいある事にも気付かないといけない。

 

顧客や見込み客がたまたま売れた相手と見なすのではなく、常に気にかけて、関係性を深めていく。

これはなかなか難しい事で、私も完璧だとは言えない。

 

つまりお客は、最も大切な資産であると考える。

 

そうすれば、その客が新たなお客を呼び込み、どんどんその輪が大きくなっていく。
顧客との関係を、一回だけの出会いや結果ではなく、これからも継続する関係の始まりと見る。

そのため顧客獲得は、投資と考える。

 

社長は、今まで経験してきたこと全てが、自分の責任である事も理解していないといけない。

もしそうであるなら今現在と将来は、自分の力で変えられる。

 

また今の社会は、「働かざる者 食うべからず」と言うように、自由が「わがまま」ととらえられている。

 

しかし自由は悪ではない。

 

せっかく社長になったのなら、理想のライフスタイルを決めて、そのスタイルに仕事を合わせてみよう。

特に中小企業ならば出来るはず。

 

自由なライフスタイルになれることが、その人のゴール。

人生を思いのままに生きること。

 

つまり社長は、自分の限界ではなく可能性にしたがって生きることを目指すことが出来る。

自信の力

建築事務所で独立したいと考えている人にとっては、特別にいい話です。

本当に重要なことをお話ししたいと思います。

 

これが無いと、成功を勝ち取れないばかりか、どんな仕事をしても多分ダメでしょう。

事務所経営者で、特に成功している人の中に、これを持っていない人は一人もいません。

今まで会ってきた人全てにあったと断言できます。

 

それ程、大切なもの、それは「自信」です。

 

自分で何かを始めようと思った時に感じる事は何でしょうか?

それらは未知なるものでしかありません。

そこへ足を踏み入れることは、不安でしかたがないのです。

 

それを打ち消すものは、「自信」です。

自分の道を進むためには、不確かなことに直面できるだけの自信がないといけないのです。

 

自信が無いとどうなるでしょうか?

自信がないと、物事を先延ばししてしまいます。

結果に対する恐れから、先延ばしをし、役立つ情報をもっと手にいれなければならないと思ってしまいます。

その結果、知識ばかりが増えて、情報の山に埋もれて、行動できなくなってしまうのです。

白状しますと、これは私にも言えることです。

しかしこれを自覚し行動するのです。

 

あなたが優柔不断である場合、その原因は、検討課題が問題なのではなく、その決断の前に、成功する自信がないという結論に行き着くかもしれません。

 

世の中のほとんどの仕事は、行動しないと始まりません。

私は別に行動しない原因全てが、自信の無さからくるとは言っていません。

 

しかし行動することが最善の時に、結局ただ何かが起きることを待っているということが良くあります。

これが一番いけません。

 

自信を持っている人は、「自分の努力は、いつか報われる」と確信しています。

そう確信していると、今まで心地が良かった領域から抜け出し、さらにがんばって様々なことをします。

 

今まで以上に一所懸命に働くようにもなります。

なぜなら「いつか報われる」と思っているからです。

 

その様な自信がみなぎっていると、それが他の人にもわかります。

そしてそれによって多くの人が引き付けられます。

 

あなたの市場もそれに引き寄せられるのです。

最終的にあなたの見込み客もそれに引き寄せられてゆくのです。

資格業特有の陥りやすい間違え

そもそもなぜあなたは資格を取るのでしょうか?

そう聞かれれば、ほとんどの人が、独立したいからとか、独立に有利だからと答えるでしょう。

もちろんスキルアップや、社内での手当てが増えるからと言う方もいると思います。

 

資格業での起業では、その仕事を独占できる有利さがあります。

 

資格がないとできないことがあるので、資格がない人より有利では?と考えます。

実はこれが大きな間違いの始まりなのです。

 

資格で起業するということは仕事の幅を極めて狭くしてしまうのです。

資格で起業を始めると、その資格に関する仕事以外は一切しなくなる(事が多い)のです。

資格業特有の特質で、これを「職域の問題」と呼んでいます。

 

建築士は、どんな建築種でも設計出来ます。

例えば病院、工場、店舗、マンション等々。

これらの建物の中でお医者さんとして医療サービスをしたり、メーカーとして商品を製造したり、商品を販売したり、不動産を所有してビジネスをする人たちがいるのです。

つまりクライアントやその建物を実際に使う人たちです。

 

つまりこれらの方に考えられるビジネスとしては、コンサルティング、セミナー、起業家向けの教材販売、パートナーのマッチングビジネス、ロゴ作成など、あげたらきりがありません。

これらの仕事で画一的ではないので、自分から探さないといけません。

しかし探せば探すほど出てきます。

 

ところが建築士になった途端、設計・監理しかしなくなり、仕事の幅を狭めてしまっているのです。

 

これを無くすためにはどうしたらよいでしょうか?

これは初めに大義名分を決めておくことが有効です。

ミッションなどと言うものでなくても構いません。

 

例えば、

「医療界を充実させ、さらに入院患者の環境を良くしたい」

「このメーカーの製品が好きなので、世界規模にし、この商品を教えたい」

「福祉の世界をもっと身近にしたい」

この様に何でも構わないのですが、このような大義名分を作っておくと、他の建築士との差別化が出来、分かりやすいのです。

そしてその周辺業務を行ってゆくのです。

 

こうして見つけた、周辺ビジネスでは、どんな基準で採用していけばよいかを次回お話ししたいと思います。

日本の会社の寿命は7年

人間の寿命は、100年時代と言われて久しいが、日本の会社の寿命は7年らしい。

アメリカの会社はもっと短命で、5年と言われている。

そうすると日本では会社を設立しても、平均的には、その7年後に無くなる。

人が大学を卒業し、―――いきなり会社を設立し、その7年後消滅する―――、これを繰り返せば、一生の内に、10回ぐらいは、会社設立のチャレンジができることになる。

サラリーマンを65歳の定年で終えた人でも、その後2、3回はチャレンジできる。

そう考えるとビジネスのやり方を知っている人と知らない人では、生涯に得る、お金や人脈や知識は、大きく変わるのではないだろうか?

お金をかけない会社設立の仕方を知っているだけでも、最終的に大きな差が出てくるのではないか?と思う。

お金で失敗しなければ、大抵の人は立ち直れるし、再度チャレンジできる。

負債を抱えすぎるから立ち直れなくなってしまうのだ。

 

人はたとえ失敗したとしてもチャレンジしたことによる満足度・幸福度は上がっているとも考えられないか。

 

チャレンジする人の事を思って、今まで成功した創業者の視点とはどんなものなのだろうか?

これをすこし考えてみたい。

 

ほとんどの人は、いつか自分にチャンスが来ると考えてしまっている。

時代が良いか、悪いか、これが流行るとか何とか‥。

創業者の視点とは、そんなチャンスを探し求めたものではない。

多分当人は時代や追い風等、そんなこと考えて創めてはいない。

もちろんこの商品やサービスは価値があるはず、必ずわかってくれると思って動いてはいるだろう。

しかし全く新しいビジネスを一から作り出そうと考えた人でもない。

そもそも全く新しいものでは、顧客がわからないし、欲しがらない。

ただひたすらに働いてはいるけれどもちょっとだけ人とは視点が違うところがあった、と言う事だろう。

今やっている普通のビジネスを、普通ではないくらい、うまくやれる視点を持っていたということ。

その視点を持てた人が、のちに創業者になれたはず。

 

さらに必要なことは、ビジネスがほぼ勝手に成長してゆかなくてはいけない

ここに来て初めて時代が良いといった判断や視点もあったかもしれない。

そしてビジネスが成長するためには、あなたがシャカリキになって働かなくとも、ひとりでに勝手に成長してゆくものでなくてはいけない。

それは例えば子供の様なもの。

子どもが小さいうちは、手間はかかるが、成長するにつれて、徐々に減ってゆく。

ちゃんとその成長を見守ることは必要だけれども、そのような視点が無いと創業者にはなれない。

多くの人が間違えてしまうのが、自分を中心にビジネスを作ってしまう事。

自分を満たす事しか興味がない人が多い。

スキルが上がるとか、お金が儲かるとか、人脈が広がったとか・・・。

もちろん始めに、自分にエゴがある事を否定はしない。

これは強烈なモチベーションになるので、会社設立時に存在していてもよい。

しかし会社がすこし大きくなってゆけば、エゴを消滅させないと、さらに大きくなってはいかない。

 

ビジネスとは、接触するあらゆる人のニーズを満たして、ライバル企業よりあなたの方が、優れたビジネスであることが大事。

多くの人に喜んでもらって、必要とされ、競合他社より抜きんでていることが必要。

見込み客、顧客、パートナー、外注先、関連先、これらを満たす事も必要。

 

さらに極力自分の仕事は減らしてゆき、自分の時間を作る。

その時間にマーケティングの仕組みを作る。

そして重要で且つ必要なことは、人材採用の仕組みも作る事。

これによって成長軌道に乗れる。

これが成功の事実。

成功するビジネスの本質。

起業の壁

建築士として起業する時、最初に直面するのは、自立できるかどうかという壁である。

特にこの壁は、サラリーマンや役人が多い現代において、乗り越えるのが極めて困難な壁となって、我々の前に立っている。

労働は生産力の一部として分業組織化され、細分化している。

人の働き方は、管理組織の中でオペレーションの部品として標準化されている。

つまり、高校大学を卒業して、最近のとりわけ大企業に就職すると、働く者は、どこかの部署を人事異動で出世しながら転勤する。

この様な組織人の生き方と考え方が、自然と身についている。

これが、戦後何世代にも渡っているので、組織思考が日本の常識にまでなってしまっている。

 

知らぬ間に取りついてしまったこの思考が、起業の邪魔をする。

 

例えば、会社にいる時に、新しい部署を新設する時には、事業計画などをきっちり作ってから、会社の承認後に進めてゆく。

しかし事務所での独立などは、行動しながら、修正を繰り返して進むしかない。

何しろ独立当初は、誰かの承認などいらないし、何をしても自由で、しかもお金がない事がほとんどなのだからなおさらだ。

お金を得るためには、1にも2にも行動しかない

また同時に問題解決も常に考え続けないといけない。

今までは別の部署の問題だと言って係わらないことも出来た。

しかし、その問題を一番良い解決策ですぐに解決しないと、事務所が停滞してしまう。

例えば集客問題があったとしよう。

解決するために何が必要なのか?

お金でホームページを作ってもらってそれで解決なのか?

自分でホームページ作成の学校なりに行ってスキルをアップさせて解決させるか?

知り合いが多いので、JVを組むのか?

異業種交流会に出るのが早いか?

どの解決策を選ぶかによっても大きく違う。

今持っているあなたのリソースと、会社の方向性を考えて決めないといけない。

選び方によって、あなたの会社の方向性までが決められてしまう。

 

またもしあなたがサラリーマンで、会社を辞め、独立を決意する時、家族や仲間が心配しないわけがない。

現在属している組織を辞めるなという「魔女のささやき」が聞こえ、そのジレンマに悩むだろう。

起業経営が、何か天才的な才能で実現するような誤解があるようだが、実際は全く違う。

壁や問題の連続が待っているのだ。

地道に進むしかない。

むしろ、正しく問題に向き合い続けることこそが、起業経営の正しい在り方だ。

素直に自分と向き合っていける人だけが生き残れる世界だ。

 

建築士の仕事

建築士の多くは、スキルアップに余念がない。

忙しい日常の中でも、粘り強く勉強をし、関連資格を取得してゆく。

構造設計1級建築士、設備設計1級建築士、宅建士や技術士等々。

 

これは何故かと言うと、たくさん資格があれば、仕事が入るだろうという考えから来ている。

もちろん独立している人には、仕事が無くなる不安から来ていることも多い。

ただ自分の実力を試したいとか、単純に自慢したいとかと言う方もおられると思う。

会社員の建築士などはこの部類ではないだろうか?

資格手当が増えるとか。

 

そもそも建築士は技術系の資格であるが故、個人の能力を磨かなければならないと、潜在意識にスリ込まれている。

自分中心に考える思考がある。

そのため自分自身の事を満たす思考になる。

資格を取る→満足。別の資格を取る→満足。

この繰り返し。

これが独立後、自分が抜け出せないビジネスとなってゆく。

仕事に自分自身がコントロールされてしまう状態。

 

少し俯瞰して社会の成立を見た時、ビジネスは関係を持つすべての人が成功してほしいと望むときに繁栄できるはず。

関係者の誰か一人でも、やりたくないと思えば、その仕事のやり方では収束してゆく。

この状態では決して繁栄できない。

つまりビジネスは関係を持つすべての人が成功したときに繁栄する。

事実これが出来ているかが非常に重要。

心からこれらのことを思って行動できている経営者や主宰者がいるかどうか?

周りの人が潤うのであれば、あなたの事務所も成長し、自分の人生も豊かになる。

そしてあなたの事務所が、成長することに関して関心を持つ人も多くなる。

どうすれば関係者全員を豊かにさせることが出来るかを真剣に考えることが重要。

 

ここに主宰者は、自分本位のデザインだけをしていてはいけないことがよく分かる。

 

設計などのスキルアップばかりを追いかけるのではなく、仕事のシステムや営業のプロセスをシステム化し、さらにはマーケティングをしなければいけない事が分かってくる。

これからの建築士の本当の仕事は、マーケティングだということになる。

成功へのガイドラインその1

あなたが独立していようと、いまいと取引先にとってみれば、あなたは自分の会社そのものなのです。

誰であろうと、その会社を代表する人だということをよく覚えておくことです。

 

ディズニーランドで有名な話があります。

ディズニーランドでは、顧客にとってはメンテナンスに関わる従業員が、ディズニーの顔そのものなのだと気づきました。

カストーディアルキャストと呼ぶのだそうです。

 

どんなビジネスでも、顧客と最も頻繁に接触する人がその会社だと考えるものです。

そして、それはあなたなのです。

 

あなたは、他者への影響力を過小評価しているかもしれません。

ほとんどの人がそうです。

ただ実際には、他者に大きな影響を与えられる力を持っています。

 

誰かの悪い日を良い日に変えることができますし、その逆も可能です。

不機嫌な人を上機嫌にすることもできます。

対応の仕方によっては、不満がある人を満足させることさえできるのです。

その逆をしてしまうこともよくあります。

そうすると、その行為一つで、取引が出来なくなることもあります。

 

現代社会はますます忙しく、ストレスも増え、取引量も増え、さまざまな要求や普段の仕事のプレッシャーも増え、限界に近い状態になっています。

だからこそ、ちょっとしたことで爆発してしまうのです。

契約間際などは、本当に慎重に進めていかなくてはいけません。

私たちは誰でも、人間としての基本的なニーズ、欲求、そしてモチベーションを持っています。

あなた、私、そして取引をする各顧客またはクライアントも同様なのです。

 

最も基本的なニーズの1つは、自分は大切な存在だと感じたいという欲求です。

これは誰しもが持つべき応対スキルの一つです。

これさえ忘れなければ、大方はうまくゆきます。

あなたは自分の強みが分かっていますか?

あなたは何年も仕事をしてきたと思います。

その中で、ご自分の強みを、発見することは出来ましたか?

すでに分かっているという人もいるかもしれません。

しかし自分の強みを知っている!とハッキリ言える人は少ないように思います。

 

多くの人は、職を変える時や、退職すると時などの節目で、自分を振り返ると思います。

その時一番思うのは、私の強みは一体何だろう?。ということではないでしょうか?

そしてどんな仕事であれば、自分に合うのだろうか?ということではないでしょうか。

 

私も長い建築士生活の中で、悩んだ時期がありました。

 

それで、有名なストレングスファインダーテストや、サリー・ホッグスヘッド著の「あなたはどう見られているのか」のサイトのテストも受けました。

ここでは、49のアーキタイプに分類されており、例えば、アナーキー、ロックスター、型破りな指導者、職人、密偵、ドラマ、闘士、タレント、愛される人、策謀、オーケストレーター、建築家・・・・・のような分類があります。

私の結果は、なぜか「勝利者」でした。

残念ながら、建築家ではありませんでした。

「勝利者」ってどんな人か?

 

本から引用すると

勝利者タイプは、壮大な目標を掲げる、力強いリーダーです。

あらゆる面で卓越性を追求します。

勝利者は自分の意見を自信たっぷりに堂々と伝えます・・・・。

 

ふぅ~この結果を読んでもよくわかりません。

さらにそれをどうやって社会に役立てるかもわかりません。

少し間違うと、詐欺師になってしまいそうですよね。

 

世の中には強みと仕事を結び付ける(と言われている)、コルビテストなどもあります。

しかしこれも受けた方に聞くと、やはりよくわからないというということです。

活かし方が分からないと言います。

 

結局のところ人は、誰でもなく、あなたはあなた自身なので、どの分類にも入らないのです。

あなたしか強みはわからないのだと思います。

強みがあっても心の底からそれをしたいという情熱が湧き出ないと仕事には出来ません。

情熱は、分類できないのだと思います。

しかし私は今まで多くの事務所経営者と話をしてきて、共通する「資質」を感じてきました。

これを強みと言い換えてもよいかもしれません。

その共通する強みとは?

それは、

勇気です。

なかなか得ることが出来ない心の持ちようだと思います。

多くの人は、お金さえあればとか、これを身につけてからとか、これを学んでからとか、この資格を取ってからとか考えながら、会社に勤めています。

これではなかなか独立できません。

 

私自身も、迷っている時には、ストレングスファインダーテストを受けているのです。

この状態ではだめです。

 

しかし勇気さえあれば、できると思います。

勇気と、その向こうにある自由を手に入れたいという情熱がある人であれば、出来るのだと思います。

自由勇気と言う2つの側面を同時に持ちながら、独立をしてゆくのです。

今からでも遅くはありません、あなたも情熱が湧き出ることをしませんか

コロナ禍の時だからこそ、再度ミッションを考える

あなたはNLPを、ご存知だろうか?

ロバート・ティルツが提唱した、ニューロロジカル・レベルのことです。

 

これは人間の活動に影響を与えるプロセスの事で、

1、アイデンティティ(自己認識)これは、セルフイメージとミッションに分けられる

2、信念及びバリュー(自分自身がすでに持っている価値基準)

3、能力

4、行動

5、環境

人間の活動には、この1~5のレベルがあると言われるもの。

 

そして重要なことは、上位が決まれば、下位を支配し、活動が継続してゆくというもの。

 

(つまりより上位を早く決めれば決めるほど、下位は必要なくなる。つまりショートカットできるというもの)

 

これを知った時、私の過去を思い返し、本当に残念に感じた。

なぜなら、私は、下から上に、時間をかけて登っていったのだから。

初めから上位を決めてれば、もっといろいろなことが早くできたのかもしれない。

 

それは独立した時までさかのぼるが、その時、大きく環境を変えた。

レベル5をおこなったことになる。

そして環境が変わったので、がむしゃらな働きにも変わっていった。

これは行動が変わったので、レベル4だろう。

それは大体10年ぐらい続いただろうか。

そして行動によって設計能力や営業能力が上がり、それから取引先なども増えていった。

これはレベル3だろう。

その後、東日本大震災などが起き、建築物の安全性を再認識させられ、耐震診断事業などもするようになっていった。

これはレベル2がさらに強化されたのだ。

私の建築に対する信念

建築によって、人の生命、健康、財産を守るという信念

地震や火事、台風、コロナなどから、空間内部の人を守るという、当たり前の信念

建築基準法にもあるけれど、仕事に追われて、また当たり前すぎてなかなか見つめなおしていなかった。

信念は、そもそもの何で建築士をしているのか?と問われたときの大前提です。

これがないと、建築士が建築設計や監理業務を磨くことが出来ない

そしてマーケティングにせよDMにせよ、我々のメッセージを伝えられない。

「建築物によって人の生命、健康、財産を守る」と言う信念を、分解し、誰の生命と、健康と、財産を、どのように提供するのかを明らかにし、文章化すれば、それがミッションになる。

コロナ禍の時だからこそ、再度あなたのミッションを明確にしてみてはどうだろうか?

そして、それを広くメッセージしよう。

 

コロナ後の住宅の変化を考える

新しい建築士像をめざして

建築士の皆さん、コロナの影響はありますか?

今までの建築・施工の流れが、大きく変わるような気配です。

今までクライアントであった会社や、個人から受注の流れが、細くさらに無くなってゆくように感じているのは、私だけでしょうか?

いままで同じ仕事を、わき目も振らず続けてきた方は、思考が停止してしまっているかもしれませんね。

是非とも、コロナというピンチをチャンスに変えていってください。

私たち建築士もこの時をつかんで、変わらなければいけません。

そのための時間は十分にあります。

 

先が見えない時代ですが、ここで少しヒントを出したいと思います。

 

これからは、成果を出したと言われる建築士は、機会を自ら生み出す者でしょう。

 

反対に消えてゆく建築士は、チャンスをただ待っている者です。

 

クライアントはいつの時代でも、問題を解決すること、または解決をサポートしてもらいたがっているのです。

潜在的になっているクライアントの解決策を見つけ出しましょう。

 

我々建築士は、見込み客の人生をよりよいものにするために存在するのではないですか?

ですから、建築に携わるすべての人、さらには社会に対しても基盤となる建築を創り出し、利益をもたらすように設計しなければいけません。

コロナによって、もともと持っている建築の社会性も、強く求められてきているのです。

 

今までは、大手資本による開発・建築も盛んにおこなわれてきました。

その一部の会社や個人が利益を享受してきたといった側面もあるかもしれません。

 

しかしコロナは、全てに平等にうつります。

 

個人的な権威や、趣味や、経済力によって創り出すのではない、本当の社会性が問われています。

社会は建築の透明性・明確性をますます求められてゆくでしょう。

このようなことを書いている私も、新しい建築士像を模索している一人にすぎません。

しかし探求してゆく価値は、十分あります。

皆さんもあきらめず、探していってください。

探し続けることが出来たなら、いつか振り返った時に、建築士として新しい可能性を切り開いた人になっている事でしょう。

 

コロナ後の住宅の変化を考える