右脳の力

あなたはTEDをご存知だろうか。

アメリカ初のプレゼンテーションビデオで、2006年からインターネット上で無料配信するようになった。

このTEDは、テクノロジー、エンターテイメント、デザインの頭文字の略。

これを始めた人の一人が、リチャード・ソール・ワーマンで、建築家です。

これらが日本にも飛び火して、TED×Tokyouと言うイベントもある。

 

この3分野において18分と言う時間が限られた中で、スピーチを行うもの。

コンセプトは、“Ideas Worth Spreading”。

つまり世界に発信する価値があるアイデアを18分に凝縮して伝えるというコンセプト。

 

単純にそれだけなのだが、出演者がスゴイ。

ジェームズ・ワトソン、ビル・クリントン、ビルゲイツや、アル・ゴア元米国副大統領をはじめとした、要人たちがスピーチを行っている。

TEDのサイトをクリックすると、たったの18分で、世界の認識が変わってしまうようなスピーチに出会えることも多い。

 

例えば、脳科学者のジル・ボルト・ティラ―女子は、「パワフルな洞察の発作」と題する講演で、自分の脳卒中の体験を話す。

死に向かい合いながら、科学者の視点を失わず、そこから得た知見から世界のあり方を解いていく姿に、自然と涙があふれてくる。

左脳がマヒしその機能を失うと、つまり右脳だけとなると、自分の体が、世界と一体になる感覚があるという。

それはそれは幸福に包まれて、自分と言う存在が無くなる。

つまりエゴが完全に無くなるのだ。

つまり地球と一体化するというのだ。

お風呂場でつかんだ手と手すり、さらにはその壁までが、一体となりその境が分からなくなるらしい。

「個」が無くなる感覚は、平和そのもので、今までの悩みからもすべて解放してくれる。

 

今までの人間の生き方は、左脳中心で、論理的で、競争社会だった。

時に戦争までもある。

 

しかしこれからは、右脳中心の社会にとってかわられるのではなかとひそかに思っている。

建築士の健康を考える

(私が健康を害した時には、明確な理由がありました)

成功するためには、健康は不可欠です。

健康に関する本には、睡眠食事運動、この3つが基本だと書いてある。

短期的な健康に影響するものは、睡眠

中~長期的な健康に影響するものは、食事

長期的な健康に影響するものは、運動

なので、運動をしないと知らぬ間に健康を害してゆくので、長期的な視点を持って取り組みましょう。

そしてよい健康習慣を身につけましょう。

ただし、習慣定着には、3カ月間が必要です。

などと一般的に書かれている。

 

 

人それぞれ健康を害する悪習慣を持っていると思うが、

私たち建築士に一番難しいのは、睡眠ではないだろうか?

私の若い頃は、よく徹夜することもあった。

またクライアントの時間に合わせる必要もあり、なかなか休日もとれなかった。

しかし若いということもあったと思われるが、何とか健康を維持できていた。

妻や家族には、感謝しかない。

そんな中で、大病した経験もある。

入院前を思い返すと、どうしても取りたい仕事があった。

必ず仕事が入るよう、変な画策したのがいけなかった。

 

1つの仕事で、入るルートを2つ作り、それが後にマッチポンプのような状態になってしまった。

わたしとしては確率を高めるために行ったことが、結果的にそうなってしまった。(言い訳のように聞こえるかもしれないが・・・)

 

心のどこかで、1人のクライアントを裏切ったという感情が生まれ、いつしか暴飲暴食につながっていった。

結果、それで血糖値が上がってしまい、即入院となったのだ。

 

これを機に、その後、人を裏切ってまで仕事をとるまいと誓った。

病気の多くは、自分で作りだしている。

経営者は、会社の維持のために、なりふり構わず営業を行うこともあるだろう。

なりふり構わずコストダウンも図ることもあるだろう。

特にそんなことを部下に押し付けてはいけない。

それは必ず後からしっぺ返しが来る。

どんなときにも、理念を忘れずに、売上だけに走らないようにしてください。

事務所経営者の皆さん、無理のない経営を心掛けてください。