まだドライブスルーはするな!

飲食店において、ちゃんと正攻法でドライブスルーを組込めば、今の売上に対して6割アップします。

6割もアップですよ。

やらない手はないですよね。

 

しかしすでに飲食店を営業してしまっている店舗では、いろいろな壁が存在しますが、ご存知でしょうか?

 

基本的な事ですが、お店が開いているか閉まっているかが、車の中からわからないといけません。

それも公道を走っていてわからないといけません。

これはほとんどの飲食店で対策していないことですよね。

だからマクドナルドの回るポール看板は、秀逸ですよね。

 

ポール看板が回らなくとも、この対策として、お店のリードサインの設置が有効です。

リードサインには、当然、営業時間も入れてくださいね。

 

そして一旦敷地内に入ったら、車は一方通行でないと、事故を起こしてしまいます。

ドライブスルーが上手くゆき、人気店になっても、車の渋滞が出来て、公道まで並ぶこともあります。

これでは警察から何度もお叱りを受けます。

 

昨日、コロナ対策と言って、付け刃的に、ドライブスルーを始めたお店が、テレビ放送でありました。

私たち飲食店の関係者から見ると、従業員が車まで配達していましたが、あまりにも危険でしたよ。

 

事故に巻き込まれそうなだけでなく、コロナの心配もあります。

お客さんもコロナの心配がありますが、従業員もコロナにかからない対策も必要です。

よほど従業員がかかる確率が高いですよね。

 

そのお店は、中華の比較的高級店の様でした。

高級店での、ドライブスルー戦略は間違ってますよ。

 

バタバタと動き回って、お弁当のようなものを、ビニール袋で渡していました。

入れ忘れや、入れ間違いに対してどう対処してゆくのでしょうか?

家について中身を見たら、注文の品と違っていたとか、入れ忘れがあったとか?

 

普通、クレームがあれば、購入者の家まで持って行って届けないといけません。

 

こんなことになっては、あなたのお店のいろいろな価値、例えばおもてなし、美味しさや雰囲気、全て無くしてしまいます。

 

オペレーションのコントロールができなくて、さらに忙しいだけで、結局儲からずに閉店になりかねません。

数店舗持っているのなら、1つのお店で信頼を失うと、他のお店までお客さんがいかなくなってしまいます。

 

まだまだ多くの壁があります。

もちろんやらなければわからないこともたくさんあります。

 

もし計画をしたいと、強く思っているならば、一度、弊社にご連絡ください。

あなたの強い思いに対し、出来る限りお応えいたします。

飲食店が生き残る方法

コロナ前までは、飲食店が生き残るには、以下の3タイプしかないと言われてきた。

 

  • 高級店
  • 安いくて、美味くて、早い店 大規模チェーン店など
  • 地域密着店 地域で親しまれているタイプのお店

 

これらの3タイプがコロナによってどのような店づくりへと変われば生き残ってゆけるかを、シュミレーションしてみる。

 

それぞれの目指す方向性を考えると、

 

  • 高級店は、全てが個室で、部屋ごとに空気清浄機やジアイーノを完備しているお店になるだろう。

もっと言うならば、ドアも自動ドアになるだろう。

厨房から直接カウンター席となっている店舗形態は、すべて無くさざるを得ない。

カウンターでの大将とのコミュニケーションを楽しみに来られるお客さまには、個室と厨房との間にZOOMカメラを設置するなどで対応する。

これらの高級店は、上記の設備費や固定費で今よりさらに高価にならざるを得ないだろう。

このようなお店が、上得意客に対して、宅配をしたり、要望に応えた改変メニューなどを出してしまうと、ブランドが保てなくなるのでしてはいけない。

 

お店が目指す方向としては、「癒し」や「安らぎ」だろうか?

 

いっそ別業態も作り、今までの歴史やレシピを活かして、WEBでの料理教室などにも可能性がある。

大手食品メーカーとの協力で、あなたのお店監修の、冷凍食品などを出していくのも手だと思う。

これは従業員のコロナ罹患率が0になる利点がある。

 

  • 大規模チェーン店は、客席数が減ることによって売上減少は避けれらない。

とにかく今まで通り12時~14時、19時~21時の間で売上を必ず取りきることを目指したい。

これを補う方法として、テイクアウト、デリバリー、ドライブスルーを同時に並走させ、乗り切るのが一番いい方法だと思う。

例えば客席数が減るということは、駐車場台数を減らすことが出来る。

その駐車場を減らすことによって、ドライブスルーレーンを設置する。

この様に、これらの3つは関連していて、それぞれ長所短所があるのと、個別店舗環境で成功する店、失敗する店があるので、慎重に計画してゆく。

ウーバーイーツなどは、自社がコントロールできない要素を含むため、やはり導入は慎重にすべきだ。

ただデリバリーでの最大リスクは、事故なので、それをどのように処理して、どれだけ保険をかけれるかが成功するか失敗するかを分ける。

従業員のコロナ罹患リスクとしては、ドライブスルー<デリバリー<テイクアウトの順で、大きくなる。

また高級店と同じで、大手食品メーカーとの協力で、あなたのお店監修の、冷凍食品を開発し、売り出していくのも手だと思う。

お店が目指す方向としては、今まで通り「便利」や「安い」だろうか?

 

  • 地域密着店の場合も、客席数の減少によって、売上が下がる。

基本はしっかりコロナ対策をして、今までの既存客にしっかりアピールすることだと思う。

 

多くのお客さんが、外に出ようとしないので、家庭への出前だけでなく、近くの企業への営業(メニュー配布)やデリバリーも積極的にしてゆく。

 

また個別に個々の家庭に、調理人や食材を持ち込んでの調理などにも対応してゆく。

どの様な形態でもこなせるように、調理人のネットワークを組むことを提案したい。

そうすれば、和食、洋風、中華、イタリアン・・・スイーツまで何でも作ることが出来、しかも家庭で作るよりは数段美味しいとなれば、必ず注文が入るはず。

巣ごもりも、いつまでも同じような生活では飽きてしまっている。

小麦粉や、各種リキュールが売れているということは、家庭で作る楽しみが増えているということなので、十分勝算がある。

食べるというよりは、楽しくいたいということと考えて、発想してゆきたい。

お店が目指す方向としては、今まで通り「私のキッチン」だろうか?

 

ナリワイから創めよ

最近コロナ後の世界を考えることが多い。

そのため藤原直哉さんのYouTubeなどを見ると本当に考えさせられる。

経済がこれだけ崩壊すると、自分たちも新しいチャレンジをしなければいけないと思ってしまう。

しかし今までと同じ仕事のままで、自分から機会を創り出せていない。

 

藤原直哉さん曰く、「これからは自分がもっている得意技、熟練の技、根源的な力を出して、切り開いてゆくしかない」らしい。

 

これは今までの起業・企業とはずいぶんと違う。

今までの社会ニーズを見極め、企画書を作り、融資を受け、ビジョンを掲げて、半期後には売り上げを1億達成させる、というようなものではないように思う。

これから必要なのは、職人のような仕事なのか?と一瞬思ったが、それだけではない。

やればやるほど体が鍛えられ、技が身に付く仕事が、職人の仕事。

職人が、頭を使わないと言っているのではないが、頭をより多く使う仕事も含まれているように思う。

 

これらの得意技や、熟練の技、根源的な力の出し方は、「ナリワイ」(生業)で始めるのが安全だと思う。

人は多面的で、特徴や才能は一つだけではない。

なのでこれからの時代は、一人が「ナリワイ」をたくさん持つといい。

いままでの起業家が「企業」を立ち上げてその枠組みのなかで事業を行うのに対し、これからは、まず「ナリワイ」をつくり、それを実施するうえで必要が生じれば企業を作る。

そうでない場合は個人の事業として行ったり、任意団体として活動したりもする。

少なくとも短期間で大きな利益になる仕事ではなく、ゆっくり育てていく必要もある。

こうした仕事は短期的な収益化を重視する企業にはチャレンジできないし、専業にするには向かない。

個人が複数の仕事で生計を立てる「ナリワイ」には適している。

 

私などは、職人の子供なので、大工見習ぐらいはできる。

実際自分の家の塗装を塗り替えもした。

塗装のセルフビルド協会などを立ち上げて指導、講習会など開いてみたい。

神社仏閣などのツアーもしたい。

このあたりで、一番好きなお寺は、虎渓山永保寺なので、名古屋からツアーを組んでみたい。

建築関連書籍の販売もしたい。

建築士養成講座なども開いてみたい・・・。

 

このように、「ナリワイ」は確かに「起業」の一つの形であるが、 従来の「起業」のイメージから大きく逸脱する部分を持っている。

「企業」であれば、不確実な世の中にあって失敗したときの代償が大きい。

一方「ナリワイ」は自分の生活を賄う仕事、もっといえば「自給」や「自活」の延長で考えたい。

そして向き不向きもあるが、ある程度訓練を積めば基本的にはある程度、誰にでもできる仕事だという点がよい。

だからこそ今までの「起業」について改めて考え直すヒントを含んでいると考えられる。

特にコロナ後の社会に対しては、この「ナリワイ」から創める事は、とても有効のように思う。

 

コロナ後の住宅の変化を考える

コロナが教えてくれたこと

あなたも私も、いつの世でも生涯ずっと追い求めていることがある。

それは幸せ

 

今回のコロナで、世の中には確実なものなど無いと改めて思わせてくれた。

世の中には確実性など無いのに、確実なものとして幸せを手に入れようとする。

これは一見矛盾しているようにも感じる。

 

不確実な見通しに我々はおびえてしまう。

なぜなら不確実性は、不十分なこと、危険な事、悪いこととインプットされてきた。

不確実性はどこにでもあることを認識しないといけません。

世の中にいつも存在するこの不確実性と折り合いをつけないながら生きてゆかないといけません。

勇気をもって、この不確実性に直面することを学ばないといけません。

この不確実性を受け入れないと、現状にしがみついた生き方になってしまいます。

 

そうするとあなたが持っている可能性を手放すことになってしまいます。

チャレンジを手放すことになってしまいます。

 

私は多くの同僚が、その可能性を捨ててしまったことを目の当たりにしてきました。

残念でなりません。

 

そもそも不確実性とは、それ自体悪い事でもよい事でもないのです。

ただただ現状、存在するものです。

しかし多くの人は、不確実性のネガティブな側面ばかりを積極的に受け入れてしまいます。

リスクと不確実性を同一視してしまっているのです。

あなたが不確実性に直面したからと言って、それまで十分に計画をし、いままで払った努力がすべて台無しになることはありません。

一見外部からはその様には見えますが、あなたがその中からの気づきや再度チャレンジする情熱があれば、決して無駄ではありません。

 

いつの時代も不確実性を持った世界はただそこに存在するだけです。

 

さまざまなことが起こります。

私たちが望んでいることが起きる場合もあれば、望んでいないことが起きる場合もあります。

ですが、起きたことが良いことか悪いことかを決めるのはあなた次第なのです。

御存知の通り、世界には、不確実性を何らかのチャンスだと思っている人々もいます。

今回のコロナにおいても、事実不幸があった方々は存在します。

しかしそのような事があったにせよ、その先の未来までずっと不幸だということではありません。

どの様に判断をし、どう生きてゆくかが一番大事なことです。

コロナ後の住宅の変化を考える

コロナ禍の時だからこそ、再度ミッションを考える

あなたはNLPを、ご存知だろうか?

ロバート・ティルツが提唱した、ニューロロジカル・レベルのことです。

 

これは人間の活動に影響を与えるプロセスの事で、

1、アイデンティティ(自己認識)これは、セルフイメージとミッションに分けられる

2、信念及びバリュー(自分自身がすでに持っている価値基準)

3、能力

4、行動

5、環境

人間の活動には、この1~5のレベルがあると言われるもの。

 

そして重要なことは、上位が決まれば、下位を支配し、活動が継続してゆくというもの。

 

(つまりより上位を早く決めれば決めるほど、下位は必要なくなる。つまりショートカットできるというもの)

 

これを知った時、私の過去を思い返し、本当に残念に感じた。

なぜなら、私は、下から上に、時間をかけて登っていったのだから。

初めから上位を決めてれば、もっといろいろなことが早くできたのかもしれない。

 

それは独立した時までさかのぼるが、その時、大きく環境を変えた。

レベル5をおこなったことになる。

そして環境が変わったので、がむしゃらな働きにも変わっていった。

これは行動が変わったので、レベル4だろう。

それは大体10年ぐらい続いただろうか。

そして行動によって設計能力や営業能力が上がり、それから取引先なども増えていった。

これはレベル3だろう。

その後、東日本大震災などが起き、建築物の安全性を再認識させられ、耐震診断事業などもするようになっていった。

これはレベル2がさらに強化されたのだ。

私の建築に対する信念

建築によって、人の生命、健康、財産を守るという信念

地震や火事、台風、コロナなどから、空間内部の人を守るという、当たり前の信念

建築基準法にもあるけれど、仕事に追われて、また当たり前すぎてなかなか見つめなおしていなかった。

信念は、そもそもの何で建築士をしているのか?と問われたときの大前提です。

これがないと、建築士が建築設計や監理業務を磨くことが出来ない

そしてマーケティングにせよDMにせよ、我々のメッセージを伝えられない。

「建築物によって人の生命、健康、財産を守る」と言う信念を、分解し、誰の生命と、健康と、財産を、どのように提供するのかを明らかにし、文章化すれば、それがミッションになる。

コロナ禍の時だからこそ、再度あなたのミッションを明確にしてみてはどうだろうか?

そして、それを広くメッセージしよう。

 

コロナ後の住宅の変化を考える

新しい建築士像をめざして

建築士の皆さん、コロナの影響はありますか?

今までの建築・施工の流れが、大きく変わるような気配です。

今までクライアントであった会社や、個人から受注の流れが、細くさらに無くなってゆくように感じているのは、私だけでしょうか?

いままで同じ仕事を、わき目も振らず続けてきた方は、思考が停止してしまっているかもしれませんね。

是非とも、コロナというピンチをチャンスに変えていってください。

私たち建築士もこの時をつかんで、変わらなければいけません。

そのための時間は十分にあります。

 

先が見えない時代ですが、ここで少しヒントを出したいと思います。

 

これからは、成果を出したと言われる建築士は、機会を自ら生み出す者でしょう。

 

反対に消えてゆく建築士は、チャンスをただ待っている者です。

 

クライアントはいつの時代でも、問題を解決すること、または解決をサポートしてもらいたがっているのです。

潜在的になっているクライアントの解決策を見つけ出しましょう。

 

我々建築士は、見込み客の人生をよりよいものにするために存在するのではないですか?

ですから、建築に携わるすべての人、さらには社会に対しても基盤となる建築を創り出し、利益をもたらすように設計しなければいけません。

コロナによって、もともと持っている建築の社会性も、強く求められてきているのです。

 

今までは、大手資本による開発・建築も盛んにおこなわれてきました。

その一部の会社や個人が利益を享受してきたといった側面もあるかもしれません。

 

しかしコロナは、全てに平等にうつります。

 

個人的な権威や、趣味や、経済力によって創り出すのではない、本当の社会性が問われています。

社会は建築の透明性・明確性をますます求められてゆくでしょう。

このようなことを書いている私も、新しい建築士像を模索している一人にすぎません。

しかし探求してゆく価値は、十分あります。

皆さんもあきらめず、探していってください。

探し続けることが出来たなら、いつか振り返った時に、建築士として新しい可能性を切り開いた人になっている事でしょう。

 

コロナ後の住宅の変化を考える

コロナは人類を試している

コロナは、あなたの仕事を「ピンチ」にしていませんか?

この質問に対して「はい」と答える人がほとんどでしょう。

私もそうです。

今回のコロナは、何らかの形でその影響を受けないことの方が難しいくらいです。

 

だからこういう状態になると、黒字を続けようとビジネスの予算を削減しがちです。

もちろん実際に稼働していない、人件費や材料費の削減は必要でしょう。

でも、今日、私からあなたに提案するのは、この考え方に反することです。

というか、普通の人がやることとほぼ180度反対のことです。

ビジネスオーナーは、最終収益を見て、どうしても必要でないものはどれかを確認し、それを排除します。

でも、私からあなたに今日提案したいのは、最終収益の向こう側を見るということです。

 

なぜなら、あなたは、今の仕事に対して、何らかの誇りや、ビジョン、目的をもって始めたのではないですか?

顧客が必要とする仕事ではないのですか?

顧客が、コロナの影響で、全くあなたを必要としていないと判断するのなら、仕方がないでしょう。

しかし必要とされているのなら、そんなにすぐにあきらめてしまってよいですか?

 

だって、論理的に考えてみてください。

次に来るのは何ですか?その通り、景気回復です。

かなり時間はかかると思いますが、景気は戻ってきます。

嵐をものともせずに、目先のことではなく、自分のビジネスの将来に焦点を置き続ければ、あなたも、振り子が反対方向に揺れだしたときに、完璧なポジションについているはずです。

必ず道は開けてきます。

 

他のみんながゲームを下りていれば、あなたのライバルはいません。

さらに、ライバルが戻ってきたときには、あなたはずっと先にいるはずです。

なぜでしょうか?それは、あなたは、大変な時期になったときにパニックにならずに、賢く動いたからです。

 

私の建築事務所という仕事も、大変な時期に大変難しい決断をいくつか下してきました。

 

店舗設計しかしていない時に、狂牛病などが有ったり、法人1社の受注が100%の時、そこから切られたりといろいろありました。

なかには、何をするべきか決めようとしてベッドの中で寝返りを打って眠れぬ夜を何度も過ごしたこともありました。

でも、最後には決心しました。

 

私の事務所を、明日はもっと利益の出るものにすると決めました。

そこまでに至るには、私には建築しかないという思いが後押ししました。

私から一番のお勧めのヒントを教えます。

 

利益を増やしてビジネスを成長させる方法を見つけることを自問することです。

それは、あなたのビジネスが発展するための投資を絶対にケチらないことです。

真面目に言っているのです。

コロナ後の社会がどうゆう社会になるかを予想し、今後必要になる個所や、分野に先んじて投資してゆくのです。

 

コロナ後の社会が必要とするものは何か?

 

あなたが成功するまでの旅路において大変重要な要素です。

 

そういうリソースに投資することで、実はあなたは、ビジネスの成長に向けて大きな歩みを始めているのです。

そして、景気が回復したときには、あなたはこれまでの努力を最大に活かし、とてつもなく利益を増やせ、お客さんからは喜ばれる完璧なポジションについているはずです。

お互い頑張りましょう。

 

コロナ後の住宅の変化を考える

コロナ後の建築・建築士を考える

コロナによって社会が大きく変わると感じている人は多いのではないでしょうか?

建築や不動産に係る私たちも、不安の中で立ち止まっていてもしょうがありません。

今後の変化を少しでも予測してみたいと思います。 

 

人々にはコロナが終息しても、また違うウイルスの発生不安が、常に心のどこかに残ってゆくと思います。

 

ですから今後ますます、人が会ったり集まったりする意味を強く問う社会になります。

 

よって衰退する建築種は、人を集めて、サービス受けたり、商品を売ったりするものすべてです。

これらは縮小するか、無くなってゆくと考えられます。

 

ZOOMや宅配、ウーバーイーツ、ドローン配達などその代替えテクノロジーやシステムが進んでいることも理由の一つです。

 

例えば、物販店、飲食店、場所や時間貸しの会議室、ライブハウス、映画館、

フィットネス、カルチャースクール、美容室、理容室、旅館、ホテル、

ブライダルハウス、音楽教室、劇場、キャバクラ、事務所や、タワーマンション

等々です。

都心のタワーマンションなどは、今後仕事が、テレワークできるのであれば、会社の近くに住む必要が無くなり、自然と価値は下がってゆくでしょう。

もちろん会社(事務所)そのものもすべてがなくなるわけではありませんが、都心に従業員全員を集める必要はなく、規模が縮小されてゆくでしょう。

そうなれば事務所の価値は下がり、坪単価は急速に下がってゆくでしょう。

住宅ではマンションと一戸建てを考えた場合、風通しが良くて、人と接する機会が少ない、戸建ての方を選ぶ様にもなってくるでしょう。

価値が上がってゆくものは、比較的コロナに安全な地方の安い住宅かもしれません。

そのような地方の住宅に都心から大量のサラリーマンの移住があれば、それらのリノベーション需要があると考えられます。

また都心に会社の本社機能は残るとしても、三密対策として、壁を取り払い、オープンな空間にし、机などのオフィスレイアウトが大きく変わるかもしれません。

そうであれば、事務所以外の各種建物でも、オープン空間へのリノベーショが起きるかもしれません。

食品工場や飲食店設計では、HACCP(ハサップ)認証のための空間づくりがあります。

ダイアモンドプリンセス号で有名になった、ダーティエリアとクリーンエリアの空間分けです。

これを住宅にも取り入れようとする動きが出てくることがあるかもしれません。

例えば家に帰ってきた時、玄関は、ダーティエリアになるため、その横に小さな部屋を設け、衣服を脱いで、クリーンな衣服に着替えて、玄関框を上がるというような工夫です。

そこで脱いだ服はダーティなので、部屋に持ち込まず、出社時などに、そこから直接クリーニングに出しに行きます。(または外に出しての洗濯です。)

とにかく住宅設計では、空間のゾーニングが大きく変わってゆくでしょう。

建築設備的に考えると、全ての建築種において、空気清浄機器の組み込み工事は加速してゆくでしょう。

 

このように予測を書いてゆくと、建築士として生き残るのは、なかなか難しいという結論になるかもしれません。

 

しかしどんな時代でも、人の夢は生まれてきます。

 

古い価値観は無くなっても、新しい価値観で生まれ変わるのです。

 

私たちも新しい価値観を持った建築士に生まれ変わる時なのです。

 

コロナ後の住宅の変化を考える