まだドライブスルーはするな!

飲食店において、ちゃんと正攻法でドライブスルーを組込めば、今の売上に対して6割アップします。

6割もアップですよ。

やらない手はないですよね。

 

しかしすでに飲食店を営業してしまっている店舗では、いろいろな壁が存在しますが、ご存知でしょうか?

 

基本的な事ですが、お店が開いているか閉まっているかが、車の中からわからないといけません。

それも公道を走っていてわからないといけません。

これはほとんどの飲食店で対策していないことですよね。

だからマクドナルドの回るポール看板は、秀逸ですよね。

 

ポール看板が回らなくとも、この対策として、お店のリードサインの設置が有効です。

リードサインには、当然、営業時間も入れてくださいね。

 

そして一旦敷地内に入ったら、車は一方通行でないと、事故を起こしてしまいます。

ドライブスルーが上手くゆき、人気店になっても、車の渋滞が出来て、公道まで並ぶこともあります。

これでは警察から何度もお叱りを受けます。

 

昨日、コロナ対策と言って、付け刃的に、ドライブスルーを始めたお店が、テレビ放送でありました。

私たち飲食店の関係者から見ると、従業員が車まで配達していましたが、あまりにも危険でしたよ。

 

事故に巻き込まれそうなだけでなく、コロナの心配もあります。

お客さんもコロナの心配がありますが、従業員もコロナにかからない対策も必要です。

よほど従業員がかかる確率が高いですよね。

 

そのお店は、中華の比較的高級店の様でした。

高級店での、ドライブスルー戦略は間違ってますよ。

 

バタバタと動き回って、お弁当のようなものを、ビニール袋で渡していました。

入れ忘れや、入れ間違いに対してどう対処してゆくのでしょうか?

家について中身を見たら、注文の品と違っていたとか、入れ忘れがあったとか?

 

普通、クレームがあれば、購入者の家まで持って行って届けないといけません。

 

こんなことになっては、あなたのお店のいろいろな価値、例えばおもてなし、美味しさや雰囲気、全て無くしてしまいます。

 

オペレーションのコントロールができなくて、さらに忙しいだけで、結局儲からずに閉店になりかねません。

数店舗持っているのなら、1つのお店で信頼を失うと、他のお店までお客さんがいかなくなってしまいます。

 

まだまだ多くの壁があります。

もちろんやらなければわからないこともたくさんあります。

 

もし計画をしたいと、強く思っているならば、一度、弊社にご連絡ください。

あなたの強い思いに対し、出来る限りお応えいたします。

工事は遅らせない!

1つのプロジェクトが成功するのは、費用と工期がうまくいった時ではないでしょうか?

 

あまり話したくはないのだけれど、今回は工期(竣工日)を遅らせない方法について話してみたい。

何故話したくないのかと言うと、結局のところ、工期(竣工日)が遅れた場合、監理者の責任でもあるからです。

 

発注者が、店舗型の経営をしている場合、計画通りにお店を増やすことによって、売上も予想できた。

これは、しっかりした出店計画が、会社の生命線と言うことでした。

今はコロナの影響で、お店を増やす方向にはいかなくなってきているかもしれない。

しかし今回の話は、ただ単純に、工事をして、竣工引き渡しに間にあわせる方法です。

 

多くの飲食店経営者は、工事の遅れ、オープン日の遅れをいつも心配している

工事の遅れは、私の事務所に来る相談の中でも、多いです。

 

オープン日が決まっていて、そのチラシをすでにまいてしまっているのに、引き渡しを受けることが出来ずに、工事途中でいきなり私に「助けてほしい!」などと電話で言ってくる。

このケースは、最後に裁判に発展してしまいましたよ。

 

この様なケースになってしまう原因は、いくつもあるでしょう。

 

例えば

もともと、計画が甘く、工期が少なすぎることもあるでしょう。

計画がしっかりしていなくて、途中設計変更がたくさん出て間に合わなくなるケースもあるでしょう。

そもそも工務店のレベルが低すぎて、工事が遅れることもあるでしょう。

 

監理者から言わせてもらえば、間違いなく、竣工引き渡しを期日通りにする方法は、契約書(その仕方も含めて)を変えることです。

 

契約書そのものの文言によって、ほとんどのケースで遅れを防ぐことが出来ます。

 

多くのクライアントは、「工事業者」が作ってきた契約書に印を押します。

 

その契約書の約款は、旧四会(日本建築士会連合会、日本建築士事務所協会連合会、日本建築家協会、日本建築業組合)のものです。

 

これは工事業者色が強く、例えば、

紛争が生じた場合は、建設工事紛争審査会による解決を図ることもできるとされています。

しかしこの機関は、建設業者に行政上の指導監督を行うことや、技術的な鑑定を行う機関ではありません。

瑕疵についての判断はしないのです。

専らあっせんと「調停」によってその解決を図るものです。

また、建設業者の方が建設工事紛争審査会へ事件を申請して申請人となった場合、あるいは被申請人となった場合でも、建設業の許可や公共工事の入札等で何ら不利益を被ることもありません。

 

紛争まで発展するのは、やはり技術的な問題が出た場合ではないかと思うのです。

なのでここへ話を持って行って、仲裁判断がなされた場合には、一定の例外を除き、確定判決と同一の効力を有し(仲裁法45条1項,2項)、当事者は仲裁判断に拘束され、これに対し、不服申立てをすることも許されなくなります

このように「仲裁合意」をすれば、その範囲において、当該合意をした当事者は、裁判を受ける機会を失うことになります。

裁判へ持ち込めなくなってしまうと、クライアントには大変不利になってしまいます。

さらにそもそも、この審査会は、建設会社の建設業許可の都道府県でおこなうものなので、例えば建設会社の所在地が東京であれば、東京まで通わなければならないのです。

多くのクライアントは、紛争まで至らないことが多いので、この約款の効力など知らないのです。

 

履行遅滞、違約金ですが、この項目は昔の四会の約款にはなかったものです。

 

契約期間内に契約の目的物を引き渡すことができない時は、

遅滞日数1日につき、請負代金額から工事の出来形部分と検査済の工事材料・建築設備の機器に対する請負代金相当額を控除した額の4/10,000に相当する額の違約金を請求することができる。

 

つまり簡単に言うと、残工事金額を出し、その金額に対して、1日当たり4/10,000払わないといけませんよということです。

これはかなり生ぬるいです。

 

飲食店舗などは引き渡しを受けなければ、営業できないわけで、部分引き渡しでは利益が出ないわけです。

残工事の金額を出しても解決しないわけです。

 

約30年前に、私が設計監理者として入った約款には、

1日遅れると、工事金額全額に対して、1/1,000(一桁違う!しかも請負金額に対してのもの!)の支払い義務が明記してあり、さらに怖い事には、丙(監理者)もその責任対象となると記述されていました。

これには厳しい!と感じたものです。

レベルの低い工務店と組んでは、私の設計料も日々目減りしてゆく!と感じたものです。

 

工務店側もこれを見て同様に、引き渡し期日(オープン日)の厳しさを感じたのです。

 

この様に厳しい約款ではあるものの、設計図、仕様書の添付もあり、それらで契約を交わしているので、設計監理者としては、自分が設計して把握・コントロール出来ているものであり、責任所在もはっきりしていて、納得できるものでした。

 

クライアント側は、ぜひ会社計画に沿った、「オリジナル約款」を作ってみてください。

これを作ることによって、あなたの会社が、社会に対して何に最も価値を置いているかを明確にできます。

もちろん社員も同時に理解しますよ。

そして発展する会社への第1歩ともなるのです。

ナリワイから創めよ

最近コロナ後の世界を考えることが多い。

そのため藤原直哉さんのYouTubeなどを見ると本当に考えさせられる。

経済がこれだけ崩壊すると、自分たちも新しいチャレンジをしなければいけないと思ってしまう。

しかし今までと同じ仕事のままで、自分から機会を創り出せていない。

 

藤原直哉さん曰く、「これからは自分がもっている得意技、熟練の技、根源的な力を出して、切り開いてゆくしかない」らしい。

 

これは今までの起業・企業とはずいぶんと違う。

今までの社会ニーズを見極め、企画書を作り、融資を受け、ビジョンを掲げて、半期後には売り上げを1億達成させる、というようなものではないように思う。

これから必要なのは、職人のような仕事なのか?と一瞬思ったが、それだけではない。

やればやるほど体が鍛えられ、技が身に付く仕事が、職人の仕事。

職人が、頭を使わないと言っているのではないが、頭をより多く使う仕事も含まれているように思う。

 

これらの得意技や、熟練の技、根源的な力の出し方は、「ナリワイ」(生業)で始めるのが安全だと思う。

人は多面的で、特徴や才能は一つだけではない。

なのでこれからの時代は、一人が「ナリワイ」をたくさん持つといい。

いままでの起業家が「企業」を立ち上げてその枠組みのなかで事業を行うのに対し、これからは、まず「ナリワイ」をつくり、それを実施するうえで必要が生じれば企業を作る。

そうでない場合は個人の事業として行ったり、任意団体として活動したりもする。

少なくとも短期間で大きな利益になる仕事ではなく、ゆっくり育てていく必要もある。

こうした仕事は短期的な収益化を重視する企業にはチャレンジできないし、専業にするには向かない。

個人が複数の仕事で生計を立てる「ナリワイ」には適している。

 

私などは、職人の子供なので、大工見習ぐらいはできる。

実際自分の家の塗装を塗り替えもした。

塗装のセルフビルド協会などを立ち上げて指導、講習会など開いてみたい。

神社仏閣などのツアーもしたい。

このあたりで、一番好きなお寺は、虎渓山永保寺なので、名古屋からツアーを組んでみたい。

建築関連書籍の販売もしたい。

建築士養成講座なども開いてみたい・・・。

 

このように、「ナリワイ」は確かに「起業」の一つの形であるが、 従来の「起業」のイメージから大きく逸脱する部分を持っている。

「企業」であれば、不確実な世の中にあって失敗したときの代償が大きい。

一方「ナリワイ」は自分の生活を賄う仕事、もっといえば「自給」や「自活」の延長で考えたい。

そして向き不向きもあるが、ある程度訓練を積めば基本的にはある程度、誰にでもできる仕事だという点がよい。

だからこそ今までの「起業」について改めて考え直すヒントを含んでいると考えられる。

特にコロナ後の社会に対しては、この「ナリワイ」から創める事は、とても有効のように思う。

 

コロナ後の住宅の変化を考える

あなたが現場に出る前に読んでおきたい本

私が独立間もない頃、どうしてもよく分からないものがあった。

それは、電気設備

その当時、私の事務所は、電気設計と設備設計を外注していました。

 

皆さんなら現場で迷ったなら、すぐ電気・設備設計者に聞けばいいのにと思うかもしれない。

またはスマホでググればいいじゃん!と思うかもしれない。

しかし当時、スマホや携帯など無い時代。

私も現場監督と職人の前では、かたくなに威厳を示さないといけないなどと変な肩ひじを張っていました。

今なら話してもいいと思いますので、正直に話をしますと、設備や電気に関しては、一抹の不安を抱えながらしていました。

 

設備はまだ何とか理解できるのですが、問題は電気です。

 

例えば電気の第1柱でのMOF,PCTは違うのか?

財産分界点・責任分界点はどこ?

そもそも何でこんなにスイッチをたくさんつけなければいけないの?

スイッチはDC、MCB、ELBなどいろいろな種類があり、どこでどう使い分けるの?

配線も100sq、38sq、耐熱Hvvf?、VVF、VVC等種類がたくさんあり、現場から捨てられた配線の余りを持ち帰り、サンプルにして集めていました。

ハンドホール内の角度は、135度まで?とにかく疑問だらけでした。

 

そんな日々を過ごしながら、良い方法はないかと考えあぐねていた時、先輩建築士から教えてもらった本が、

「建築設備読本―建築技術者のための分かる設備」

「建築電気読本―建築技術者のための分かる設備」井上博著です。

 

この本のおかげで、私は雲が晴れたように、いろんなことの理由が分かるようになり、現場での監理が面白い様になりました。

そして、ケーブルの太さをはかる、ケーブルゲージなるものがあると知り、さっそく購入。

現場での仕様の適合など、安心してできるようになりました。

その後、電気テスター、アネモマスター、塩素計測器等々、購入してゆき、監理が徹底できるようになりました。

この本は、読本とあるように、読み物風に作られていて、写真も多く、電気・設備技術者以外でもわかりやすいです。

また設計の原理原則を理解させてくれるものです。

残念ながら絶版で、amazonでは、2020年4月現在、

電気読本が27,000円、

設備読本が6,500円ぐらいと高額です。

やはり価値ある本は、購入者が後を絶たないのだろうと思います。